見ないで! と言われると、つい。。。

gacky.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 07日

間違えてはいけない,この2作。。。

相方のブログをフックにブログのアクセス数が30を超えました!その記念といっては何ですが、新たに記事をアップいたします!そして決めました。アクセス数が10を超えたら記事をアップします…。そうすると今まで以上に記事がアップされないかもです。

先日会社で音楽好きの方とお話をしていました。その方は誰かミュージシャンが思い出せないらしく、『あの〜〜さ、キュ〜〜バだか、どっかのバンドでさ、映画の『カランバ』ってのの主題歌やっていたやついたじゃん?カランバだよ〜〜え〜〜何つったっけな〜〜。映画は面白かったんだよ〜なんだか本当の話らしんだけど、DVD買おうかな〜』すかさず私が、『あ〜ロスロボスですね!いまどうしてますかね〜』なんていう何気ない会話があった。しかしその中にはとんでもない間違えがあった!

仕事しながらだったので、流してしまったが、
確かあの人はしきりに『カランバ』って言っていた。。。ってまさかこれか!?

a0065091_2345536.jpgカランバ(1983)
新聞やテレビなどでは決して報じられることのない、恐るべき瞬間を、世界60余国にも及ぶスケールで捉えたドキュノンタリー。製作はアレッサンドロ・フラカッシ、監督・編集はアントニオ・クリマティと「グレートハンティング84」のマリオ・モッラが担当。ナレーターは金内吉男が手がける。映画は世界各国のカメラマンが捉えた残酷なシーンを次々に映し出す。
という全く意味のない残酷映画。70年代から80年代にかけて、イタリア人による無意味な残酷ドキュメント映画が沢山あったもんです。カランバといえばテレビCMでジープで腕を引っぱり、腕が引きちぎれるおなじみのシーンですが、後に一切やらせだったということがわかり、やらせ好きにはたまらない映画になってしまったのです。手がちぎれちゃった人は他のイタリア映画にも普通に出演しておるようです。また、余談ですが『食人族』というアホな残酷ドキュメンタリー(風)映画で串刺しにされてしまっている女性も結構他の作品に出ています。みなさん死んでいないから安心してね〜〜!当時は本当だと思って信じたもんです!


ちなみに、会社の人が見たがっている映画は恐らくこちら。

a0065091_2347960.jpgラ★バンバ(1987)
わずか17歳で死んだ伝説のロックンローラー、リッチー・バレンスの生涯を描く。1959年2月3日、若きロックンローラーたちを乗せた飛行機がレーダーの航跡から消えた。頂点を極めた少年の、あっけない死だった。という内容。


確かに文字面は似ていますね。
ほらね、『カ★ランバ』って表記したら、仕方のない残酷ドキュメンタリー映画もロックな青春映画に早変わりです。

[PR]

by nacky_gacky | 2006-09-07 23:51 | ゆるゆるCINEMA
2006年 09月 07日

カッパのたたり

先日、急遽夏休みが取れることになったので、1人でバイクツーリングにいってきました。1人??そう、1人。1人大好き!寂しくなんてありません〜。実は昔は毎年どこかに1人でバイクでお出かけしていたのですが、最近はめっきりでした。たまにはバイクを思いっきり走らせないとバイクの具合も悪くなってしまいます。ということで、先日紹介したUMA全国ガイドブックを参考にしながら、たった1泊2日ですが、カッパが今も生息すると言われている長野の上高地〜立山黒部アルペンルートに行ってきました。

a0065091_013329.jpg●我が鉄馬、ホンダXLR250Rでございます。
僕が16才の時、兄が買ったバイクです。買った時点で満足してしまう兄なので、実質僕がほとんど乗っております。しかしこのバイク本当に壊れません!メンテいらず!バッテリーだって必要ないし。。。一生これでいいかも、これがいいかも!


a0065091_0135241.jpg●<1日目>上高地いってみました!
松本インターから一路上高地へ。上高地への道はと〜っても気持ちいい!ほんと自然の中を走っている感じ。走っていると前方に民芸品屋さんが1件。大きなカッパの存在を意味する看板がついていました。やはりここはカッパのサンクチュアリーなのです!写真を撮ろうかな〜っと思っていた…そんな矢先!!、ものすごい衝撃と共に何かゴム片をギアに巻き込んでしまいました!カチャカチャいじったら。中からズルズルと出てきて、ここはことなきを得ました。仕方がないのでカッパ写真は帰りに撮りましょう〜っと。
どうでも良いですが、上高地はすばらしくきれいなところです!


a0065091_0142618.jpg●それなのに。。。
こう見えて自然をこよなく愛する私としては。こんな光景は許せませんね。みんな、ゴミは持ち帰りましょう。


a0065091_0154531.jpg●つづいて近くの白骨温泉へ!
そう、ご存知あの白骨です。入浴剤の使用検査を兼ねていってみました!なんだかとてもしっぽりした、全く無駄な脂肪のない温泉場で、お湯もなかなか!公共浴場500円。その他、旅館のお風呂にも500円〜600円で入れますよ〜。皆さん間違っても好みの入浴剤を持っていかないでね。ちゃんといい色に濁ってましたよ!


ということで、本日の寝床探しと、往路で撮り損ねた、カッパの存在を啓示する巨大な看板の撮影のため、松本方面に戻ろうとしていた矢先、バイクから異音が!見るとバイクのチェーンがあり得ないくらいに緩み、後ろのスイングアームに擦れまくっています!ヤバい。。。もう日が暮れる。。。もはや撮影どころではない!やはり、これはカッパのたたりでしょうか。いや、ですね。。。
余談ですがナマズ研究の第一人者秋篠宮殿下は最近カッパの研究をしているとのこと。「カッパの今」をヒヤリングしてしてから行けばよかった。。。

ちなみに、ごまかしごまかし、ゆっくりゆっくり街まで下り、ようやく見つけたバイク屋全国チェーン『レッドバロン』。とっても親切で素早い対応で修理代はなんと840円!レッドバロンで買ったバイクでもないのに格安のメンテ料金!ありがたや〜次は必ずレッドバロンで買います!

a0065091_0163031.jpg●<2日目>黒部ダム
言わずと知れた立山黒部アルペンルートの長野側の玄関口黒部ダムです。ものすごい起伏の激しい土地にできた関西電力の日本最大のダムです。さすがにスケールがでかい!さらにこのダムのいいところは、無骨で冷たい発電所を、10km離れた地下100mに作り、国立公園の景観を壊さず、雪崩や雪重量にも影響されないという施設です!そこに潜ってみたかった!


●夜20時帰宅。

★旅のまとめ★
●1人旅は楽でよい。寂しくない。
●カッパにたたられた。あれからというものキュウリが好き。
●「白骨温泉」は名前と違いホラーなところではなく、いい湯だった。
●1人旅なので、思い立ったらいろんなものが食べられる。とにかく『?』って思うものは食べてみた。
●安曇野にあるマクドの店員は、気軽に『ご旅行ですか〜っ』と声をかけてくる。
●健康ランドでの宿泊は不健康だった。
●バイクはレッドバロングループで購入すべし。
●1人なのでシャッターを押してくれと頼まれ、それを見ていた別の人からも頼まれ、
気がついたらカメラシャッター押してくれ〜っと、無数のゾンビに囲まれていた。
[PR]

by nacky_gacky | 2006-09-07 00:25 | うわ言