カテゴリ:MUSIC( 5 )


2009年 12月 07日

【俺の!】Fender Rhodes Suitecase 73

a0065091_23534836.jpg
僕は普段『俺』とは言わないのですが、今回ばかりは『俺の』と言わせてもらいます!家にはかれこれ7年ほど前に5万円ほどで相方が買って来たFender Rhodes Suitecaseっていう1973年製の電子ピアノがありました。経年変化といいますか、ほったらかしといいますか…そりゃもう!ゴミです!酷いもんです。

a0065091_2354995.jpg


○合成革(TOLEX)はボロボロ…
○ガムテープの強引な修復によりベタベタ…
○かれこれ4年ほど前からまともに音も出なくなりました…

なのに、だれも見て見ぬふり。。。



ちなみにSuitecaseというだけに、鍵盤部とスピーカー部がすっかりしまえて、コンパクト?なのかというと大間違い!ひっくり返るほど重たいし、デカイです。決して旅にはでれませんし、ちょっと動かすとチューニングが狂ったりもする非常に使い勝手が悪いピアノなのです。しかし60年代後期〜70年代に一斉を風靡した電子ピアノで、ジャズやソウル、ロックで数々の名盤を作り出した名機でございます。誰もが聞けばこの音ね~というくらいのピアノです。fenderブランドのRhodesを持っているなんていったら、ちょっと一目置かれるようなピアノでございます。

そしてついにこの夏レストアスタート!!

「もう黙って見ていられん!ローズを完全復活させる!そのかわり、これは『俺のもの!』とする」ということで、早速夏休み前に、アメリカのヴィンテージキーボード屋さんから内外パーツを購入。当初、ショップでも不足パーツが多々ありましたが、「このサマーバケーションのミッションだ!」とお店にお願いし、無理言ってパーツを揃えてもらいました。。。お世話になりました。。。

夏休み~(といっても9月半ば)。。。
始まりました。まずは外装のリニューアル!ベタベタです。電動のサンダーで糊やガムテのベタベタを徹底的に取り除き、割れてしまった木製パーツなどの修復に挑みます。これだけで、数少ない夏休みは終わってしまいました。
a0065091_23542256.jpg



後は毎日毎日、深夜に仕事から帰宅すると、作業場に閉じこもり2時~3時まで作業です。相方にストップを強制的にかけられなければ、徹夜する勢いでした。1日一面づつを新しいボンドで丁寧に乾かしながら接着して行きます。基本的には壁紙を貼る要領と全く一緒です。私内装屋の息子だけに、結構得意です~。


毎日、マイニチ、 こつこつ、コツコツ。。。


外装終わり!オウ!なかなかいい感じです。なんかすっかり完成気分♪
a0065091_02113.jpg



しかし…そうです。電子部分もぶっ壊れています。。。久しぶりにテスターなんぞを使い、You Tubeでアップされているメンテ動画を見ながらチェックします。おおよその壊れている場所が無数にあって、おおよそは見当はついたのですが、なにせ古いので、パーツが自分じゃどうにも手に入れられませんし、確実に自分の診断が出来ているのかはあてになりません。。。


どこか、国内で修理してくれるところを探さないと。。。ということでネットで調べて、いくつかの連絡先に当たってみるも。『そんなん出来ません』『うちの店で買ったんだったら見ます』など、絶望あらら状態。アメリカでメンテしてもらおうものなら、輸送費等含めると、10万円は超えちゃいそうです。。。そんな中、東京三鷹台にあるR-Boxさんというショップに行き着きました。メールで問い合わせをした後、快い返事!さっそく伺います。ひっそりした店舗には所狭しとヴィンテージキーボードが並んでいます!マニアックな空気で失神しそうです。「1週間ほどいただけますか?料金も1万円ちょっとかな~。もし超えちゃうようなら連絡しますね」何とも頼もしい!


そして1週間後、悪いトランジスタ2個をはじめ、各種電気部品を交換していただき、パーツも交換していただき、ハンダが腐っているところも付け直してもらって、すっかり直っていました!値段も破格の13800円!ありがたや…ありがたや…


a0065091_23544821.jpg
という訳で、
【俺の!】Fender Rhoades Suitecaseの再登場です。
鳴らしてみると、へたくそな僕でもなぜかうまくなった気にさせてくれる、この揺らぎ!さあ!何から弾いてみようか。
a0065091_2355440.jpg

いやいやまてまて、僕はなんか弾けるんだっけ??
[PR]

by nacky_gacky | 2009-12-07 00:06 | MUSIC
2007年 08月 17日

この夏休みの工作課題

特殊工作員Gackyです。ほんの少しご無沙汰しておりました。皆様からお問合せの多いピアノ教室の件ですが、意外なことに続いております。しかし、うまくはなっていない様子です。
a0065091_14244790.jpg
自宅のスタジオには数年前から、古〜い電気ピアノ(恐らく73年製)のFender Rhodes Suite Case mk1 73Keysっていうのがあります。この電気ピアノFender Rhodesは僕がエレキをはじめた頃、そこら中のレンタルスタジオで処分に困っていて、もってってくれるならタダでいいですといった代物でした。当時最先端の僕にとって、レンタルスタジオでの練習時にはEuropeのFinal countdownような尖った音がしないこのへっぽこピアノを、『けっ、尖ってね〜なぁ!、こわ〜ん、こわ〜ん、言ってんじゃね〜よ!メタリカ万歳!』などと思っていたのですが、今じゃ音を出すだけでうまく聞こえるこのピアノにすがる毎日。まったくバチ当たりです。

たった一音出すだけで…
『こわ〜ん〜♪あ〜〜世の中平和が一番だな〜』
もう一音出すだけで…
『こわわ〜ん〜〜?あ〜神よ、相方の粗暴を許してあげて〜悪いのは僕でいいですから〜』
さらにコード♪??で…
『こわわわ〜ん〜〜あ〜、なぜなの?なぜ涙があふれてくるの〜〜!』という具合です。

※決してエレクトーン占いのおじさんではありません。。。

この夏はそんなFender Rhodes Suite Case mk1 73Keys
がボロボロだという危機に瀕しております!長年寝かされた緊急用補修ガムテープが夏のジメジメと相成ってメトメトします。この夏休みはいっちょ新品ばりにメンテナンスしたいです!

EuropeのFinal countdownは今聞くと最も恥ずかしいハードロックな曲です。
※罰当たりと言えば、『ズーマ 恐怖のバチあたり』というN級映画があります。内容は、魔人ズーマが悪いことばかりするのでバチがあたるというズバリなものです。新宿TSUTAYAで好評レンタル中(他の店舗には恐らく置いてありません。ビデオカセットです)。
[PR]

by nacky_gacky | 2007-08-17 14:56 | MUSIC
2006年 07月 09日

夜の絵画鑑賞。

仕事上『今度こんなミュージシャンデビューするらしんだけど、君ならどんなジャケにする?』ってよく聞かれます。以前にもジャケ買いのお話をのせましたが、改めてCDやレコードを整理していると色々見あるな〜。最近オンラインで音楽を買う時代。ジャケットアートがどんどん小さくなっていくのは寂しいもんです。
 あ、そうそう。タイトルにある『夜の〜』というのは、特に意味はありません。つけば、何となく読んでみようと思うかな?っといやらしい考えです!メリーの写真を冒頭につけることでアクセスアップを狙ったのですが、相方からの『卑怯者!』の声に反省したからです。1歩大人になりました。

今回は結構まじめに絵画鑑賞です。基本的に手元にあるものだけですが、いろいろ鑑賞してみました。

a0065091_23595346.jpg●BEST 5
Wes Montgomery & Jimmy Smith / Dynamic Duo

ともだちっていいね!!友達募集!!


a0065091_003094.jpg●BEST 4
King Crimson /クリムゾン・キングの宮殿

いわずもがなのプログレッシブロックの金字塔!
ジャケも変です。発売当時ビートルズの名盤「アビーロード」を引きずり落として1位になったアルバムとされているものです。本当かな〜?昔、マッチの曲より細川たかしの「北酒場」が上位になったとき、「ついにマッチを抜きました!これからはタッチーって呼んでください!」って言っていたけど…。まさかこいつらっ。。。


a0065091_012869.jpg●BEST 3
Judus Priest / In the East

困ったハードゲイバンド!
しょーもないヘビメタです。。。でも捨てられず、相方に見つからないようにそっとしまってあります。。。このバンドのカセットをポケットに入れて自殺した少年の事件が当時話題となっていましたが、あの世で後悔してまいか…。


a0065091_042433.jpg●もうすぐBEST 5
"Weird Al" Yankovic / Even Worse

アル・ヤンビックの力作!ここまでやれれば立派なもんです!


a0065091_02313.jpg●BEST 2
The Brothers Johnson / Look out for #1

仲良し兄弟!!クドい!熱い!


a0065091_044189.gif●BEST 1
石頭地蔵/1stアルバム

実は矢作さん建築@熊本のお友達mikipooさんのお兄さん所属のバンド石頭地蔵!僕らがやっている音楽とはちょっとジャンルが違いますが、このジャケは技ありです!このイラストレーションまさに地蔵です。こんなに地蔵な絵は初めて見ました!地蔵ならではの悲壮感!地蔵なのにドライブ感!


みなさんも今一度お持ちのCDやレコード並べて、あ〜だこ〜だ言って楽しんであげましょう!
[PR]

by nacky_gacky | 2006-07-09 00:22 | MUSIC
2005年 11月 28日

●ジャケ買い

CDやレコードを買うときに『ジャケ買い』をしたことはありますか?そうです、いわゆるジャケットのインパクトで思わず買ってしまうことです。レコードの時は盤面大きかったので、『ジャケ買い』率はかなり高かったです。CDになってからというもの、盤面も小さいし、レコード屋さんでも気軽に試聴ができるようになったりしているせいか、ジャケ買い率はかなり低くなりました。ですがここで思わず『ジャケ買い』してしまったCDを御紹介。

a0065091_21461729.jpgジャズ詩人ことGIL SCOTT-HERON(ギル・スコット・ヘロン)/Moving Targetです。
見てください!強烈なジャケですよ。本気で走ってます!狙われています!よけて〜〜〜って感じです。題名通り自ら『動く標的』です!
 このアーティストは60年後半〜70年代にかけて社会派ソウルで名をはせていた方ですが、今尚、ジャミロクワイをはじめ、現在のソウル・ファンクミュージシャンにリスペクトされつづけている大御所です。ちなみに私もかなりリスペクトです!内容は社会派な人なので強烈なメッセージをリスナーに送っていると見受けられますが、輸入版で対訳がないので、なんともわかりません。。。トホホ。。。



ってそんなに言うほどインパクトないじゃん??って思いますよね〜〜。上の写真だけだと。。。



a0065091_21464426.jpgところが、これでどうだ。ね?裏ジャケ。狙われるはずだぁ、これじゃぁ。。。逃げなきゃ撃たれます。


どれだけの方にご覧いただいているかはわかりませんが、
みなさんの『ジャケ買い』自慢を教えてください〜〜。お便りでもかまいません。

[PR]

by nacky_gacky | 2005-11-28 21:37 | MUSIC
2005年 11月 24日

司法試験合格おめでとう

●幼馴染みのR君が先日、司法試験についに合格!
心底うれしい限りです!聞いた時はまるで自分事のように喜びました!
R君は中学時代マイケル・J・フォックスに似ており、小柄ながらも、大英帝国の誇りでありますNWOBHM(New Wave Of British Hevey Metal )の流れを組んだヘビーメタルバンド“GelShocker(後のMessiah)”でヴォーカルを勤めていた兵です。ちなみに、このバンドの高速ギタリストI君は既に弁護士となって10年近くが経とうとしております。あ、そうそう、ベースは私でした(ヘビメタだった過去を隠すつもりはありませんでした…)。つまり2人は“メタルジャスティス!!”なわけです!

a0065091_13341397.jpgということで、本日のお勧めMUSICはメタリカのAnd Justice For All(邦題:メタルジャスティス)です。アルバムの内容は…。もちろんかなりゴリゴリしていてカッコよく、歌詞の内容も「正義とは何ぞ」という感じです。ただ、どうひっくり返してみても伊藤政則氏がいう『世界が震撼!』にはほど遠いかと。。。まあ、今回はR君の記念にということで。

a0065091_1343672.jpg先日、R君のおめでとうパーティーが新宿にて開催され、旧友が集合しました。8人集合して2人が弁護士!しかも2人ともヘビメタ出身!さあ、お茶の間の皆さんはそんな彼等に弁護を任せられるかな??もちろんR君には合格祝い、かつ今後の抱負として横山弁護士のマネをやってもらいました。イタイイタイイタイ!や〜〜めて、アブないから!!もちろんソックリでした。

[PR]

by nacky_gacky | 2005-11-24 13:50 | MUSIC