カテゴリ:ピアニストへの道( 3 )


2006年 01月 31日

ピアノちゃんとやっとりますよ!

久しぶりに、『ピアニストの道』コーナーの記事です!
実は先日のブログに書いていたように、最初の教本での「富士山」攻撃にすっかりめった打ちにされ、家の近所のピアノ教室に通うことにしました!毎日の電車の往復での読書で何となく楽譜が読めるようになり、会社の引出しにしまってある、紙で作った鍵盤のイラストとで何となく指の使い方ができていたおかげ(もちろん教本による富士山地獄のかいもあり…)でそつなく進んでおります。この年になってお稽古に通うのってとても新鮮!先生も温和で、間違えると鉄定規ピシャリ!!…なんということは全くなく、『いいね〜〜、おしいな〜〜、そ〜れもうちょっと〜』などと、やる気がそがれないように教えてくれるのです。とはいえまだ3回しかレッスン行ってないのですが…。ちなみに1レッスン60分で隔週ですよ〜〜。以下は今までのレッスンのダイジェストです。。。

●<2006.01.05>説明を聞きにいったつもりが、なぜかレッスン初回に!
a0065091_0405819.jpg自己紹介もそこそこに、「じゃあ、まずこれから行ってみようか!」と言われたのが『Fly Me To The Moon』。早速jazzの名曲です。『燃える闘魂アントニオ猪木』のテーマと同じコード進行なので、この曲ができれば、ジャズファンのみならずプロレスファンにも喜ばれると言う一石二鳥の名曲ですよ!ぜひ、ピアノ界の猪木izmの継承者としてものにしたい次第であり、自ずと力も入ります!

a0065091_043279.jpg先生に言われるがままにあれよあれよと弾くことになりますが、もちろんヒッチャカメッチャカ!指が一人卍固め!<写真参照>。しかしながら、初回後半より、ようやく毎日の通勤での「二ノ宮金次郎システム」で学んだ浅〜〜い音楽知識が活きてきたようで、結構コードは押さえられるもんです。さんざん教わったあげく先生より『で、どうする?やってみる?』の一言!ここまでのせておいて、この振り方!というわけで次のレッスンまでに第1回で学んだことを一生懸命復習し、自宅スタジオにて朝練、会社から帰宅後再びスパーリング1時間〜2時間!そして2回目のレッスンに突入です!

●そして第2回<2006.01.15>
練習したことを一生懸命出そうとすると、頭の中が真っ白になってうまく弾けません…トホホ。この日は効率の良いコードの押さえ方を学び、おかげで指がつらなくなりました〜!やってやる!全国プロレスファンのためにも!朝練、帰宅後のスパーはまだまだ続きます!気がつくと、なにげに弾けてきた!?ここまでの音を恥ずかしながら録音してみました!ボリュームは極限まで小さく。とちったり変な間が空くところでは、必ずカウントとってください!

●そして第3回<2006.01.29>
a0065091_0462076.jpgいいかも!と思い3回目に突入。先生もビビるぞ〜〜などと思っていたら、あれれ、またパワー半減!うまく弾けません。でもしばらくすると馴れてきてそこそこ聴かせられるようになりました!がしかし、今度は『両手で同じコードを弾け!』というのです。。。まるで、4字固めで優位に立っていたのに、ひっくり返されて逆4の字固めにかかったようです<写真参照>。。。かけられたままこの日はゴング。ギブアップはしなかったまでも、次はどうなることやら。。。

[PR]

by nacky_gacky | 2006-01-31 00:57 | ピアニストへの道
2005年 12月 16日

●早速最初の試練が!

a0065091_20185548.jpg「あ〜〜忙しい忙しいっ」師走のサラリーマンの口癖です。私もクリエイターとはいえサラリーマン。例外ではなくいそいそとしております。こんな私にピアノなんて練習できるはずもありません。でもそれではいけないので、取りあえず会社の往復とお昼の間は教本を読んでイメージトレーニングの毎日です。さすがに私を決起させた文庫本の著者が作った教本です。わかりやすい!
やはり教本なので課題曲が掲載されています。何かな?楽しみのそのページを開けてみましたよ。。。結構これでやる気が決まったりするんだな〜〜。


a0065091_2023264.jpg●課題曲1:富士山
まぁ、初めだからさ。。。固く固くね。。。「あ〜たま〜をく〜も〜ぉの〜〜…」
うんうん、知っとるよ、知っとるよ。。。

a0065091_20235540.jpg●課題曲2:富士山?
あれ、あ、そっか今度はコードでね。。。「あ〜ぁたま〜をく〜も〜ぉの〜〜…」
なるほど!次めくってみよ!

a0065091_20242886.jpg●課題曲3:ふ、富士山??
ずいぶん手厚いね!なんだ両手でねえ〜〜まあ、日本人たるものね…基本だな。ニンジャ、ゲイシャ、スキヤキ、テンプラ、フジヤマね。
「あ"〜ぁだま"〜を"ぐ〜も〜ぉの"〜〜…」
なるほど!次めくってみよ!次っとね。



●課題曲4:げっ!!ふっふっふ!?富士山????
ドカ〜〜ン! もうだめ!大噴火です。。。
a0065091_2316868.jpg



世の中、星の数ほど曲がありますよね?。
もう少しその〜なんというか。何もこんなレパートリーでなくても。。。
著者だって最初は「Let it Be」だったって言ってたくせに。。。

あ〜〜あ。。。
僕は果たして富士山無限地獄から脱出できるのでしょうか…。
『1999年7の月の恐怖の大王』からをも平然と生残ることができた私でも、今度ばかりは自信がありません。
[PR]

by nacky_gacky | 2005-12-16 20:40 | ピアニストへの道
2005年 12月 14日

●ピアノを始めようと思います。

何事も「さぁ、やろう!」と思った時…。それが幼少期であろうが、中年期、老年期だろうが、スタートには変わらない!というのが持論であります!
とはいうものの…なかなか実例が見当たらない私。。。こんなことではただの小言ジジイになりかねません!そんな私がこともあろうにピアノを始めようと考えてしまったから大変です!しかしなぜピアノを??

a0065091_2082952.jpg実は先日、本屋さんにデザイン仕事の資料探しに出かけたときのこと。棚の並びにこんな文庫本が。『40歳からのピアノ入門-3ヶ月でマスターした<コード奏法>講座』?またまた良くいうよ、ケッ。と思いながら立読み。ちなみに私は30歳前半です。

ピアノだけは小さいころからやっていないとな〜。なんでうちの母ちゃんはムチで叩いてでもピアノ教室に通わせなかったのか?などと勝手なことばかり考えていた私にとって、ちょっと立ち読みが、そのままお買い上げに。読んでみるとなんと!結構簡単なご様子!取りあえず、全くの独学で始めてみましょう。頼れるのは同じ作者が書いた教本だけ。

a0065091_1243433.jpgまず、始める前に、今の自分の音楽スキルをまとめてみます。
●音楽好き(ちょっと音楽オタクぎみ)
●エレキベース暦20年(無駄に年月が流れました。)
●譜面よく理解できず/読めず。
●コードよくわからず。ベースの場合はここを押えちゃいけないな〜というのがわかる程度。
●もちろんピアノは未経験。


考えてみれば学生の頃、バンド仲間の櫻井大介君も、出会った時には相当な腕前だった。恐らく5歳くらいから始めたとして、たった15年あまりの経験でだ。…ってことは私も15年もすればあの腕前にはなるわけですな〜〜。Clooverのピアニスト小関少年は出会ったころは恐らく20年以上の経験であんなにカッコイイジャズピアニストだった。ってことは僕も25年も経てばジャズピアニストということになりますね。

a0065091_206511.jpgこんな私でも本当に弾けるようになったら「どうせできないだろうし…」って考えている人にいい刺激になるかもしれませんね〜〜。見ていろ西田敏行!『もしもピアノが弾けたなら』を弾き語りで演奏するのはこの私だ!!

[PR]

by nacky_gacky | 2005-12-14 20:10 | ピアニストへの道