2005年 12月 28日

●来年こそ見たい!

来年はもっとゆるい映画を沢山みたいです!

a0065091_15173191.jpgとはいうものの、普通の映画も好きですが、やはりゆるゆる物に大きな期待を寄せる1年になりそう…。実は数年前から今年こそは!と思い続けている映画があります。その映画は…。ブッシュマンシリーズの番外編的存在『コイサンマン、キョンシーアフリカへ行く』(90)です。コイサンマンとは小学生の頃一代ブームを巻き起こし、ムツゴロウさんとも仲良しのブッシュマンことニカウさんのこと。何か権利の問題でブッシュマンと言う言い方はできなくなっている様子です。ちなみに小学生のころ劇場公開された、感動作『ミラクルワールド ブッシュマン』と『ブッシュマン2』はDVDがボックスセットで発売されたので必見です!しかしこの『コイサンマン、キョンシーアフリカへ行く』映画、香港映画です。92年くらいに中野武蔵野ホールで上映していたのですが、すぐビデオがでるだろうと予想し、見に行かなかったのが一生の不覚!なにやら権利の問題でビデオ発売はされない様子。。。コーラのレギュラー瓶で頭殴られるくらい衝撃です!(ミラクルワールド ブッシュマンより)去年1年も情報を探し続けたのですが見ることができませんでした。


a0065091_15211648.jpg気になる内容は…。
イギリスに住む中国人のサムは、ロンドンで御先祖様のミイラがオークションに出されるという噂を聞き、これを入手する。安らかに故郷の香港で眠ってもらおうと考えた彼は、道士を呼び、ミイラをキョンシーにしてロンドンを飛び立つ。だが、その途中で飛行機がアフリカに不時着。2人は、ニカウ(本人)をはじめとするコイサンマンの部族と遭遇。飛び出したキョンシーに部族の人々もおっかなびっくりだ。この部族は、白人の奴隷商人とその手下の部族によって苦しめられていた。道士はキョンシーを使って立ち向かうが、適の一味にはブードゥー教の呪術師がおり、巨漢のゾンビを使っての攻撃に、道士たちも大苦戦。その時、サムの持っていたブルース・リーのブロマイドを使い、道士は反魂の術をかけてリーの霊をニカウに憑衣させる。リーの魂が宿ったニカウは強い、強い。怪鳥音と共に目にも止まらぬ早業で、一味をたちまちノックアウト。ジャングルに平和が戻った。



a0065091_15193631.jpg総評は…。
まだ見ていないのでなんとも言えませんが。。。まず、いまさらですがキョンシーとゾンビの対決や、ニカウさんとブルース・リーの組合せがゆるゆるすぎます。僕が見た2〜3分のコマーシャルフィルムでは、ニカウさんにブルース・リーを憑衣させ悪を退治する場面でのニカウさんの物まねのうまさと、亡霊となっているブルースリーのアクションの合成が最高!終止笑いっぱなし!(写真はブルース・リーが憑衣する瞬間です)本当は広川太一朗あたりに吹き替えてもらったらさらに楽しいかもしれませんが〜〜。結構WOWWOWやCSでやることがあるらしいです。悲しいかな我家では映りません!情報がありましたら、どしどし御一報ください!また皆さんのまわりの「きっとこいつはコイサンマンだ、」という情報も募集中です!

[PR]

by nacky_gacky | 2005-12-28 15:26 | ゆるゆるCINEMA


<< あらためまして。明けましておめ...      ●GackyのゆるゆるCINE... >>