見ないで! と言われると、つい。。。

gacky.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 21日

北海道って、とても素敵なところらしい。。。その3

★15日早朝。北海道 小樽に着岸
さあ、もうすぐ着岸です。長かった~!館内放送が流れて、天気のご案内。
『え?雨?』まあ、朝はちょっとぐずつくもんですよ…。『え”!』よくよく天気予報を確認すると、
いつの間にか15日も16日も17日も天気予報が雨になっています。
『げー!?やっちゃった!』雨男っぷり炸裂?!。

このままだと…ヤバい…。

そのとき、頭の中に大学の卒業沖縄旅行が走馬灯の様に浮かびました。

マリーンブルーの海とどこまでも続く白い砂浜~~…。
ハブとマングースがそこら中で戦い~~…。
人々はたいまつを振回しながらリンボーダンス~~…。ドンドコ ドコドコ(想像)


しかし到着した瞬間、沖縄は激しい嵐のまっただ中。海は荒れ、サスペンスドラマで犯人が追いつめられて、自首を説得される場所?。もしくはどこぞの漁師出身の演歌歌手が悲しき兄弟の船について歌う曲のPVに出て来そうな映像そのもの。。。えいさっ!えいさっ!。。。綱を引くというかけ声とともに。。。という場所ばかり。

結局全日程嵐の沖縄。やること無いから、ハブとマングースの戦いを何度か観て、
パイン飴なめて~くらいしか印象にありません。

『まさか、二の舞かも。。。』
今回は使うこと無いだろうと思っていた雨具を確認。

★15日早朝 4時30分小樽下船。
フェリーから出てみると雨は降っていたものの、今はちょっと止んでいる様子。
今のうちに~とお思い、そこから数キロの鱗友市場へ。そこでは水揚げされた新鮮な魚が売っています。
a0065091_19375379.jpg
入り口に2件の食堂があり、カウンターのみの「味さき」にて朝ごはん。フェリーのお客で結構にぎわています。

いくらとウニの2食丼を注文。噂ではたっぷりのいくらと、バフンウニと聞いていたが、ウニはこの黄色さからみて、
どうみてもムラサキウニでしょう。って考えると2000円はちょっと高い気が。。。まあ、おいしかったので良いのですが。これも観光客対応価格でしょうね。やっぱりバフンウニが食べたい。

ということで、これから1時間くらいで札幌のモエレ沼公園に向かいます。
この公園は彫刻家のイサム・ノグチが設計した、とても広い公園です。

★モエレ沼公園到着。
天気も小雨くらいなまま、7時開園同時に到着です。a0065091_2042931.jpg


a0065091_2052148.jpgとにかく広い芝生公園です。晴れていたらどれだけ気持ちよいところなんでしょう。


開園直後はこの広い公園の中に歩いているのは10人くらい。散歩しているお年寄りも『おはよう。』
と、とってもフレンドリーで、あったかい。山があったり、ピラミッドがあったり、ビーチがあったり、林があったり、野球場やテニスコートなどなど沢山の施設がありますが、どれも本当にすっきりしたデザインで自然にとけこんでいます。

a0065091_21151186.jpga0065091_21153795.jpg
ガラスのピラミッド。

この中にイサム・ノグチのギャラリーや、素敵なレストラン。ショップや展望デッキなどがあります。構造体もすばらしいので、建築好きにはたまりません。ここは9時オープンなのですが、結局11時くらいまで、このピラミッドの中を見学しておりました。

a0065091_21194977.jpg巨大な噴水。
決まった時間にエキシビジョンが始まり、ものすごい水量でいろんな動きをします。しかし、天気が悪いので、背景とのコントラストが無く、まるで温泉地の間欠泉みたいな感じになっちゃっています。。。

★いざ富良野へ
いよいよ空が怪しくなって来ました。本降りになる前に今日の目的地の旭川に到着しなければ。
本来ならば富良野に14時までには到着して、清々しい空気、大地の緑、おいしいランチを食する予定でしたが
北上・山間に入るにつれて雨は本降りに。ここで本格的に雨具上下、ブーツカバーを着用です。

~遂に土砂降りに~
a0065091_21221983.jpg

富良野の観光地はこの雨で、観光や食事どころではありません。普段どこまでも透明な河川も、まるでアジアの大河のごとく茶色く荒れ、今にも溢れそうです。しかも雨で前が見えなくなるときもあり、道の駅や、高架下で雨が少し納まるまでまつという行動となります。各道の駅の方々には『この辺はつい昨日まで、と~~てもきれいだったさ~~ぁ…かわいそうに。。。なんだか、もうしわけねぇ~な~』と何度言われたか!北海道の皆さんが悪い訳でないのに、皆さん気を使ってくれて過酷さも和みましたよ~。

ともかく、何とか早めに旭川のホテルに到着しなければなりません。


途中バイクのサイドカバーがすっ飛んで、修理(偶然ダイソーとでかいイオンの前だったので、ダイソーのグッズで手軽に修理)したりしていた時間もあり午後18時にようやく旭川のホテル到着。札幌から何時間かかってんだろ。このホテルは僕のようなソロツーリング御用達らしく、ホテル前の駐車スペースはバイクでいっぱい。一般の立体駐車場に止めることに(駐車場代はホテル持ち)。その後も続々、雨でグシャグシャになったライダーが入って来ます。

部屋に付いたときにはぐったりです。
何もする気が起きません。とりあえずホテル内の地下の天然温泉に入り、あったまった後、
気を取り直し、街に出て食事です。こうなると楽しみは食事のみ!会社のお友達や北海道好きの兄から得た情報をもとにおいしいラーメンを食べに行きます。

しかし目的のお店が20時で閉店という洗礼を受け、情報なしにふらりと入ってみたスープカレー屋『ふわわ』に入ってみました。しまった、なんだかハズレな雰囲気。今は夏なのに、秋のメニュー表や冬のメニュー表も片付けられること無く無造作に入っているし。。。ステージにはマイクセット、ピアノやギターあり。恐らくシャンソンをやられているとみられる、ママさんお一人で切り盛りしているらしく、お客2組なのにオペレーションもままならない。。。しばらくテレビを観ながら待っていると、厨房から、何やら揚げ物をしている音と、何やらグリルの音がした後、出てきましたスープカレー。食べてみると、『おぉ!!』これがなかなかおいしい、辛さもコクもちょうど良い。食後のセットドリンクでは珈琲をチョイス。ちゃんと豆を挽いて、ペーパーフィルターでじっくりといれ、少し薄めであっさりと入れてもらいました。これもとてもおいしい。このママさんとカレーの話や珈琲の話で談笑したのち、「雨が降っても富良野はいいところあるのよ~」といって色々教えてもらいました。
さらに、メニューには書いてなかったけど、突然デザートをサービスしてくれました。ママさんが自分で育てて毎朝食べているというカスピ海ヨーグルトと、おからで作ったドーナッツ。お腹がいっぱいだったら持ち帰ってもいいからね~ということでしたが、その場でいただいちゃいました。帰り際も『バイク気をつけるんだよ~、いつかまたよってね~』とのこと。今度は晴れているときに行きたいですね~

ホテルに帰ってこのお店を食べログで見てみたら、やはり高得点。納得です!
[PR]

by nacky_gacky | 2011-08-21 21:25 | 告白


<< 北海道って、とても素敵なところ...      北海道って、とても素敵なところ... >>